返済が遅れてしまう!モビットに必ず連絡を!

12月 - 12 2016 | By

長く取引する中で、どうしてもやり繰りがつかずモビットの返済期日までにお金を用意することができない。予定していたお金が入らず返済することができない……ということもあるかもしれません。期日までに返済できる見込みがない、という時には必ずモビットに連絡を入れましょう。

返済ができそうにない、と思ってもなんとか当日までに工面できないか頑張ってみる、という方ももちろんいることと思います。ですが、結局工面できなかった場合、用意できたときに延滞利息をつけて返すしかないな……とモビットに連絡をいれずにいるとおそらく返済期日翌日には「返済がありませんでした。返済してください」と連絡がくることでしょう。

催促の電話を受け、「すみません、都合がつかなくて」と言い訳したり、きっと催促の電話だからお金ができるまで電話に出ないでおこう!なんて居留守を使っていると延滞金がつくだけでなく、印象も悪くなります。当然ですが、信頼も失ってしまいます。

返済が遅れたら延滞金をつけて返済すればいい、というものではありません。致し方ない事情により返済が困難な場合は、必ずモビットに連絡して相談しましょう。もちろん連絡したからといって、延滞利息が付かないわけではありませんが、できれば返済できる日を明確にし「○日には返済できると思うので、申し訳ありませんが返済を待って下さい」と連絡をいれることは今後、取引を続けていくうえでとても大切なことです。