消費者金融からの融資の際、保証人は必要?

1月 - 31 2017 | By

お金を借り入れる時、保証人が必要だというイメージがありますね。保証人が立てられないとお金が借りられないように思いませんか?しかし、消費者金融からお金を借り入れる時、「保証人は不要です。」ということをよく見聞きするのではないでしょうか。詳しく知りたい点ですよね。その、気になる点についてご説明します。

消費者金融の特徴

住宅ローンなど、大口のローンを組む時には、保証人が必要になりますが、消費者金融というのは、個人を対象に小口の融資を無担保で貸し付ける業務を行なっています。ですから、融資を受けられるかどうかの審査にも比較的通りやすく、お金が必要な時にすぐにお金が借り入れられるという特徴があります。お小遣いが足りなくなった時、ちょと借りるというような気軽な感じでしょうか。ですから、保証人は必要ありません。保証人が必要という条件なら、手続きに時間がかかってしまい即日での融資という消費者金融の良さがなくなってしまいます。

消費者金融のメリット

消費者金融は、なるべく簡単な手続きで、保証人も必要なく、素早く融資に対応してくれるということがメリットになります。このように、いつでもすぐ借り入れられるというのはとても便利ですが、何社からも借り入れてしまうとあっという間に多重債務に陥ってしまいます。本当に必要になった時に、必要な額だけを借り入れることにいたしましょう。消費者金融のメリットを、賢く用いるようにしましょう。

消費者金融は保証人が必要ないため、利用しやすいですが、その分、金利は高めに設定されています。その点、よくご注意ください。また、消費者金融業者によっては、多額の融資を希望される場合、稀に保証人が必要となる場合もありますので、その点もしっかりご確認ください。